株式会社廣瀬電気は東京都中央区で電気工事を行う会社です。女性電気工事士も在籍しておりますので、女性の一人暮らしの方も安心してお問い合わせください。

TEL.03-3553-0541

〒104-0042 東京中央区入船3-6-9

新着情報
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

「電気の何でも無料相談会」開催

当社では複数のマンションにて、「電気の何でも無料相談会」を開催しております。

 

ご家庭では、コンセントが家具の裏に隠れてしまって困っている。とか、

照明をLEDに替えて、電気代を減らしたいけど何を買っていいのか。とか、

たくさんのたこ足配線が怖いわ。とか、

IHを買い替えたいけど、どれが我が家のサイズに合ってどんな機能が我が家に必要なの。

 

電気の疑問を持った方がたくさんいらっしゃいます。

いざ相談しようと思っても、量販店では我が家を見て判断してもらうことが出来ない。

電力会社は電気の工事を行っていない。という理由で、

不便なまま生活していらっしゃる方も 少なくありません。

 

そこで当社では、マンション全体で指定の工事日を設けて、

工事日指定でも大丈夫なお客様向けに、

1ヶ月から1ヵ月半前に無料の相談会を開催してお見積もりを作成。

金額を確認してから工事を申し込むか申し込まないかを決定して頂く方法で、

「電気の何でも無料相談会」を開催しております。

 

当社には、女性の電気工事士が在籍しております。

女性の一人暮らしや昼間は女性しかいないので、男性が来るのは少し抵抗が…という方にも、

相談会は基本的に女性の電気工事士がお伺いいたしております。

分からないことも気兼ねなくご相談頂けるので、申込みもしやすく好評です。

 

大型マンションですと、2日間の相談会で50件以上のお問い合わせがあり、

うち、工事依頼は2日間で30件を超えることもあります。

 

マンションの規模によって、相談会と工事日を1日か2日と決めさせて頂きますが、

たくさんご参加頂けるように土曜日の開催も承っております。

 

駐車場をご提供頂くなど、ある程度の条件はございますが、

マンションの管理会社の方、マンションの理事の方、

マンションの住民の方など、 どなた様でも構いません。

 

「電気何でも無料相談会」の資料もお送りしておりますので、

下記よりお問合せください。

お問合せはこちら!

ご相談からでも構いません。どしどしお問合せください。

 

お問合せ

恐るべしLEDベースライト

本日午前中に作業させて頂いた、店舗兼事務所のLED照明器具交換のお話。
今回のお客様は、40W1灯用の蛍光灯から音がするとのことで、現場調査に行きました。
P1000428
お伺いすると、店舗内にはブォ~という音が絶え間なく鳴っており、
短時間しか滞在していない私でも気になる音がしていました。
長く使っている安定器からよく出る音でした。
全部で10灯。お客様は節電の為にLEDにしようかな。とおっしゃっていましたが、
実は蛍光灯は少ない電力で明るい光を出せるとても効率の良い照明器具の為、
LEDに変更しても電気料金は3割しか安くならないのです。
(電球のLED化はとても有効で、電気料金は7割も安くなるのです!)
現在ついている照明器具はこの形。
P1000429
 
取り付け後に天井を塗り直している為、照明器具を取り外すと…
P1000433
こういう現象が起こります。
最近の蛍光灯の器具は昔の器具に比べて、本体が小さくなってしまうのです。
すると、この照明器具の跡が新しい器具の周りに残ってしまい、
目立ったままにするか天井補修が必要となります。
そこで今回は、施設用LED照明で最近発売されたLEDバーと器具を
組み合わせるタイプのものを選定しました。
この照明器具はとても薄型で圧迫感がないので、
あえて40W2灯用の大きさの器具を選定して照明器具の跡を見えないようにし…
P1000430
取り付けるとこんな感じです。
P1000444
とってもきれいですね。
そして、中央のくぼみに取り付けるLEDバーの明るさを、
今まで通りの40Wの1灯用の明るさにするように選択しました。
P1000441
これです。これ。
この照明器具のすごいところは、このLEDバーを40Wの1灯用の明るさとか、
40Wの2灯用の明るさなど、全部で6タイプの明るさを選ぶことが出来るんです。
見た目は同じ器具でありながら手元作業の多いところだけ明るくしたり、
人が通るだけの場所は少し暗めで節電したりが可能なのです。
現在までの物だと明るさを変えると器具の形が変わってしまい、
バランスが良くないのです。
無題
それが同じ形で取り付けが可能になり、とってもスマートになります。
無題2
この明るさが変えられるLEDバーもきちんと安全設計されていて、
くぼみにはめ込むだけではなく…
P1000436
拡大すると…
無題3
きちんと本体とチェーンでつながる仕組みになっていて、安心安全なのです!
本体と接続!
P1000443
交換後の器具と交換前の器具を見比べると、
P1000438
明るさも広がり、全体的にすっきりしました。
お客様に喜んで頂いた、LEDへの交換工事。
器具の大きさや照度など、あらゆるバリエーションが可能となりますので、
事務所や店舗、ビル共用部など何でもご相談ください。
最後に交換前と交換後の写真で本日のブログは終了します!
ありがとうございました。
P1000428 P1000446
 
 

 

 

 

 

IHクッキングヒーターで喜ばれる工事を

長々と更新出来ず、申し訳ありませんでした。

電気工事は目に見えて変化のある喜ばれる工事と、目では変わりのない改善するだけの工事、

何かの目的を達成するための下準備の工事、その他色々な工事があります。

数ある工事の中でも、照明や電化製品が新しくなってお客様の喜びを直接感じ取れる工事は、

達成感の他に私たちもお客様と同じ喜びとなって返ってくることがあるものです。

今日は先日行った、電化製品IHクッキングヒーターの交換工事の様子を載せたいと思います。

 

今まで長い間ご利用頂いていた電熱のヒーターからIHクッキングヒーターに交換することとなりました。

朝、お客様のお宅に行くと、調査でお伺いした時よりもきれいに清掃された電熱ヒーターがありました。

その時私は、もう捨てることになって清掃の必要のないヒーターを、前日にお客様が長い間

お料理に使用していた感謝の気持ちで清掃してくださったんだろうととても心が温まりました。

まずは取り外し前の電熱ヒーターです。

 

001

 

まずは、作業の前にもちろんこの電熱ヒーターに電源を送っているブレーカーを落とします。

 

004

 

周りには水が機器に入らないようにコーキングされていますので、それを丁寧に取り外して

上部電熱部分を取り外します。

 

005

 

中の配線類をすべて取り外して、中身が露になります。

 

006

外枠を取り外して、本体を取り出します。

(上から斜めにして取り出すタイプと前面に引き出すタイプがあるので、どちらも試してみるべし。)

このタイプは前面に引き出すタイプだったのですが、上から出そうとして

バナナの取れないチンパンジーのようになってしまうので格好が悪いです。

本体が取れれば、この電熱ヒーターの電源がささっているコンセントが出てきますので、

取り外します。

 

015

016

ささっているコンセントの形状はIHヒーターによっても異なりますが、

今回は違う形状に変わるので、コンセント部分の加工も必要です。

もちろんブレーカーは切ってあるので安心です。

ここで周辺をきれいに清掃します。

見えない部分こそ、手をかけることが一番のサービスですね。

 

019

 

きれいになったこの場所に、新しいコンセントを取り付けて、

安全な場所に固定します。

 

021

026

 

さて、ここからが大詰めです。

新しい本体を上から斜めに設置します。

 

027

 

中に設置したら、位置をきちんと図ってきれいに固定して据え付けます。

前側のスイッチパネルやグリルの開閉部分を取り付けて

 

028

 

完成です!

そして最後はもちろん先ほど取り付けたコンセントのブレーカーをON!

 

024

 

最後は取付後のチェックを入念に行います。

お恥ずかしいのですが、お客様にきれいなIHヒーターの機能や使用方法を説明していて、

あまりの素晴らしい機能に感動してしまい、実物の完成写真を撮り忘れてしまいました。。。

申し訳ありませんが、この機種の据付写真でご容赦ください。

 

yjimage

 

実は私は断然ガス派だったのですが、今回施工して実際色々なお鍋でお湯を沸かしたり、

グリルの機能を体験してみて、IHも捨てたもんじゃないですね。

お客様も新しいIHクッキングヒーターに交換されて、とても笑顔で「使いこなせるようにがんばるわ」

とおっしゃっていらっしゃいました。

電気工事には色々ありますが、明日からの元気をもらえる素敵な工事が出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

夏祭り

夏ですねぇ。今年も祭りの時期がやってまいりました。

当社の町内でも、毎年恒例の夏祭りが8月2日3日で行われます。

お祭りはいつでも楽しいものですね。

私たちも、祭りの準備を先週行いました。

祭りは、いつもない場所に電気が必要になるので、東京電力に申請を出したり、

電気をもらう分電盤を仮設で取り付けたりと、色々やることがたくさん出てきます。

今日は夏祭りの準備をお見せしましょう。

東京電力へ電気を「これくらいください」と申請をします。入船3丁目町会は一戸建てのおうちくらいの容量で申請します。

これを2日間使用します。

そして、東京電力から電気をもらう為の分電盤を仮に設置します。

何もないこの場所に

P1010362

電気の盤を設置します。

木を切って、固定して、

P1010363

 

こうして、電気の盤が完成します。

P1010366

 

オレンジ色の盤まで、電気が来るように準備しました。

 

そこからは、町内会の方々と一緒に、盆踊りの行われる交差点に提灯をつけるのです。

P1010361

会場は毎年この交差点!

なんか一体感が出て、とても地域密着型の電気屋さんみたいですね。

電球は全部つくかな?提灯は破れていないかな?隣同士同じ色の提灯にならないで準備出来たかな?

確認しあっていよいよ電柱やポールにセットしていきます。

気をつけてくださいね。ちなみに社長自ら、ポールに昇って行きました。

__

 

お祭りまで提灯が下がってこないように、何度もポールに昇ってしっかりくくりつけてくださいね。

毎年同じ状況ならば良いのですが、ポールや電柱の位置がかわることもあるんですよ。

そうすると、また加工し直しなんです。

そうして出来上がったお祭り会場の提灯です。

P1010365

 

大きなお祭りではありませんが、近所の子供たちはとても楽しみにしている夏祭りです。

お祭りは8月2日金曜日と8月3日土曜日です。

どうか晴れますように!

蛍光灯の不具合は?

よく会社で使われているのが、蛍光灯照明器具。

こんなやつ

P1010310

この蛍光灯の照明器具は、とても明るくて効率が良い。(少ない電力で、電球よりも明るく照らせるということ)

なので、とても企業に好かれている奴なのだ。

でも時々悪さをしてチラチラしたり、ちょっとさぼってゆっくり点灯したりして、人々を困らせる。

蛍光灯を変えてみても直らない。

そんな時は、安定器が悪いことが多いのです。

蛍光灯の中を見たことはありますか?

こんな感じです。

P1010271

真ん中に見える緑色のが安定器です。

P1010274

これこれ。

蛍光灯照明器具についてる安定器は、蛍光灯照明器具の心臓みたいなものなので、

これが駄目になってしまうと、もうまともに働けなくなってしまうのです。

ここまでだと、安定器が悪い奴になってしまうので。。。

 

蛍光灯は放電現象を利用した光源(放電ランプ)なので、電球のように直接電源につなげても、

点灯することは出来ないのです。

放電現象は本来とても不安定なものなので、光源として利用する為に安定器に毎日お世話になっているのです。

実はとても働き者だったのです。

 

そこで、電気屋さんの出番で安定器を交換するのです。

安定器を交換すると、きれいになるのは安定器だけ。

照明器具が新しくなるわけでもないですし、蛍光灯の刺さっているソケットにはバネが入っているので、

そこが駄目になることも、しばしばある訳です。

お客様によっては、蛍光灯照明器具ごと新しいのに変えちゃってっておっしゃる方も結構いらっしゃいます。

きれい好きと言うわけではなくて、安定器を交換するよりも照明器具ごと交換する方が、作業費用が安いことが多いのです。

なぜかというと、安定器にはたくさんの接続しなくてはいけない線があるからです。

当社ではお客様に合った提案をさせて頂いていますが、昔から使っている蛍光灯照明器具はサイズが大きくて、

周りの照明器具と見た目が合わなくなってしまったり、非常灯と兼用になっている蛍光灯照明器具は

普通の蛍光灯照明器具と比べて、器具の値段が4~5倍近く変わってしまう場合もあるので、

色々検討する必要があるのです。

 

ちなみに、非常灯兼用蛍光灯照明器具にはこんなコードが出ています。

左が通常蛍光灯照明器具で、右が非常灯兼用照明器具!

P1010277

 

紐を引っ張ると

P1010278

どういう状態かというと、非常時に電気が絶たれてもひっぱった時の状態になるのです。

なぜ電気が絶たれても電気が点くかというと、

P1010273

こういう蓄電池(バッテリー)が、

P1010275

非常灯兼用蛍光灯照明器具には、このように収められているからです。

 

ちょっと寄り道してしまいましたが、皆さんの身近にある蛍光灯照明器具は、

このように働き者なのでした。