株式会社廣瀬電気は東京都中央区で電気工事を行う会社です。女性電気工事士も在籍しておりますので、女性の一人暮らしの方も安心してお問い合わせください。

TEL.03-3553-0541

〒104-0042 東京中央区入船3-6-9

配線作業は優しく

配線作業は優しく

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は配線工事についてお話してみましょう。

電気を新しい場所で使用する時に必ずついてくる作業は、配線作業です。

配線と一口に言っても、コンセントを1つ増やす為に引っ張るような細いケーブルもあれば、たくさん電気を使う機械を増やしたり、いくつも電気を使いたいような場合は、とっても太いケーブルを引っ張らなくてはいけません。

細い線もどういうルートで配線するかによっては大変なことも多いので、配線工事は楽なものではありません。

時には点検口を開けると、いてはいけない動物や昆虫も出てきちゃったりするのです。

細いケーブルとはこれくらいの太さ。

P1010229

コンセント1つ増やしたいならば、グレーの線1本くらいで大丈夫!

しかし、たくさんの電気が欲しい時にはこの線では、全く足りません。

時にはこんな太さの線を、長い距離配線することもあるのです。

IMG_7448

1mで5キロもあるので、このドラム1つで1t近い重さがあるんですよ。

このドラムを回すのも一苦労です。

これを、時には高いところに用意したラックに乗せて配線するのです。

IMG_7908-1

スタート地点のローリングタワーへ下から上へさっきの重たいケーブルを数人で送って上からは二人くらいで、少しづつ引っ張り上げます。

ケーブルを乗せた先には何台かの作業車に人が乗ります。

作業車はこんなの。

IMG_5046

上げるとはさみのような形で上がっていく為、シザース型の高所作業車です。

垂直に上がるのでコンパクトでちょっとかわいいです。

そして、ラックのところまで上がっていきます。

IMG_8824

 

 

IMG_8824-1

 

絶対に気をつけなくてはいけないことは、ケーブルに傷をつけないこと。

傷がついてしまったら、電気を流せません。つまりすべてやり直し!

みんなで声を合わせて、「せーの!そーれ!」

ケーブルを目的地まで、優しく運ぶのです。

力技でやりたいことも、力技ではなくてチームワークでやる遂げる。

それが電気屋さんの仕事なのです。

 

 

 

 

 

 


« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です